ホーム >簿記検定

 簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能です。企業の活動を適切、かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるための必須知識です。

 先ごろは、若年者の就職を支援する厚生労働省の「YESプログラム」において、企業が採用にあたって重視している就職基礎能力の1つである「資格取得」に選定されました。

主催

日本商工会議所・三浦商工会議所

試験開始

1級・3級 午前9時
2級    午後1時30分

受験資格

学歴・年齢・性別・国籍に制限はない。

申込み

 商工会議所所定の申し込み用紙により、受験料を添えて三浦商工会議所又は、南下浦支所にて申し込む。
 申し込み用紙は必ず本人が記入すること。 

インターネットでの申込み

受験者の利便性を考え、期間内であればインターネットからの申込が24時間可能です。学校や仕事で窓口申込が出来ない方に大変便利です。(事務手数料がかかります)

各級のレベル

 

程度・能力
試験科目
試験時間
合格基準
1級
 公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。
 1級に合格すると、税理士試験の受験資格が得られる。
 大学で専門に学ぶ程度の商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算を習得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析ができる。
商業簿記
会計学
工業簿記
原価計算
3時間
70点以上
ただし、1科目
ごとの得点は
40%以上
2級
 株式会社の経営管理に役立つ。
 企業の財務担当者として必要な高校(商業高校)程度の商業簿記、工業簿記を習得している。
 税務諸表を読む力が身につき、自社や取引先の経営内容を数字から把握できる。
商業簿記
工業簿記
(初歩的な原価計算を含む)
・5題以内
2時間
70点以上
3級
 企業で働く者に必須の基礎知識が身につき、商店や中小企業の経理事務に役立つ。
 経理関連書類を読むことができ、青色申告などの書類作成もある程度できる。
 経営・財務担当以外でも必要な知識として評価する企業が多い。
商業簿記
・5題以内
2時間
70点以上
初級
 簿記の基本用語や複式簿記の仕組みを理解し、業務に利活用することができる。
 インターネットを介して試験の実施から採点、合否判定までを行う「ネット試験」で施行する。
商業簿記
・3題以内
40分
70点以上

受験料

 

1級
7,710円
2級
4,630円
3級
2,800円
初級
2,160円

※平成29年度より「日商簿記検定試験(3級)」の受験料が改定となります。
※平成28年度まで「日商簿記検定試験(3級)」の受験料は2,570円となります。

結果発表

合否の発表は2・3級は、試験終了後概ね一週間後に当所ホームページ及び掲示板にて発表する。
1級は、中央審査のため約1ヶ月後となる。合格者には合格発表後に合格証を発行する。

kenteimoushikomi.gif

ホーム >簿記検定

| アクセス  | 個人情報保護  | リンク集  | お問い合わせ  | サイトマップ |